受注確度UP

見本市、たくさん名刺が集まればうれしいですね。
疲れたけど、大きな投資をしただけの結果はあった…と、達成感もあります。

ですが、悩ましい問題も…。

戦い済んで日が暮れても、残る業務の山

ブースでお話しが進んだ方には、とにかく早くフォローしなければ…、というプレッシャー
一方で、出展期間中、日常業務から離れていれば、その間にたまった案件もあるし…。Orz…

今回は、そんなあなたのために…。

 

なお、本メルマガは、従業員3名程度の企業でも工夫次第で実行できるような方法を書いています。
もし、貴社が下記の条件に当てはまる場合は、あまりお役に立てないかもしれません。

潤沢なリソースがおありになる方には、別の方法もご案内できますので、ご連絡ください。

あまりお役に立てないケース

1. 顧客管理システムを導入済であり、かつ日常業務でのインフラとして十分に活用できている。

(導入済と活用できている、は異なります。活用できていることがポイントです)
2. 専任の営業スタッフが有り余るほど控えている(人手は潤沢にある)

 

さて、本題へ

**********************************************
弊社先週9月7日から9日まで東京ビッグサイトで見本市に出ておりました。
この号を読んでくださっている方の中にも、ご出展者様がおいでになるのかもしれません。
暑くて大変でした。本当に、お疲れさまでございました。

では、見本市会場でいただいた名刺をできるだけ多く受注につなげるためのポイントを。

 

ポイント:分ける(受注期待確度による分類と優先順付け)

してはいけないこと:全部の名刺に対して一斉に同じ対応をしようとする事
してはいけない理由:全部に同じことをするためには大量の名刺を処理しなければならず、時間がかかる。結果、受注確度の高い相手への対応も遅れてしまう。あまり急いでいない人への初期対応は、定型文書でも十分。

 

集めた名刺は宝の山、でも気が重い? かも…

名刺はたくさん集まったと思います。

弊社は、ある考えがあって、積極的に名刺を集めることはしていません。

それでも、予想以上のお名刺を頂戴しました。

 

出展後の一般的なフォロー

多くの会社では、出展後下記のようなフォローを予定しているのではないでしょうか。
1. ご来場のお礼
2. 個別リクエストへの対応(見積書送付、相手先に訪問しての商品デモ、商談等)
3. クロージング

4.納品

5.請求

6.入金

(ここでやっと、出展費用を回収できます)

 

やるべきと言われている事、自社で無理なくできること

考えてみましょう。冷静に…。

一般に「見本市出展後にすべきこと」とされていることが、自社で無理なく継続できそうか?

やるべきこと、をした方がいいのは、全くその通りです。

ただ、自社の陣容ではとても手が回り切れないなら、

一歩立ち止まってください。

根性論、精神論では継続できませんから。

実現性があり、継続できる方法を採用しましょう。

 

多忙、人手が足りない場合

多忙、人手が足りない場合は、まずは2別リクエストへの対応)に注力しましょう。
個別リクエストを頂いた中で、特に踏み込んだ話の出来たところから優先的にアプローチするのです。

見本市の来場者は、短時間に多数のブースを来訪し、いろいろなものを見聞きします。

さらに試食も…。
あなたと面談したとき、その場では、とても興味を持ってくれたかもしれません。

ですが、他のブースをいくつも訪れ、自社に戻っての日常業務、

週末をはさんであれやこれや…。
と時が経つうちに、だんだんと印象が薄れていきます。

これは、ふらりと立ち寄ってくれた人でも、目的をもってあなたのブースに来てくれた人でも同じです。

見込みのありそうなところ、これと思う先には、
印象が薄れないうちに、一刻も早く、優先してフォローしましょう。
(相手の都合を無視して、ガンガンと一方的に売り込めということではありません。
ブースでお話ししたときに相手がリクエストした情報をできるだけ早く提示し、
相手の知りたいこと、疑問を着実に解消するのです

人は、自分の言ったことを覚えていてくれる人には、好意を覚えるものです。)

この個別フォローは、名刺交換した日時の順にや、全来場御礼を出してからにこだわる必要はありません。

 

来場御礼の一斉配信リストは400円で作成してもらおう

では、全員に出す来場御礼はどうするか?
弊社では、会期の翌営業日にお礼メールを一斉配信しています。

どうやって?!

名刺のメールアドレスを入力するだけでも面倒です。
たとえ100件でも、出展後の疲れた体には辛いです。

バイトさん?

徹夜?

努力と根性?

会期中のいろいろやバタバタで、体力、気力ともほぼ、限界の時、

大量のメアド入力なんて、ムリです。(キッパリ)

とはいえ、個人情報保護が厳格化された今、
すでに対面で商品説明までできているコンタクト先の情報は、貴重なもの、

決して無駄には出来ません。
(コンタクト先1件当たりの獲得コストを考えたら、大切に育てたい見込みです。

これだって、出展費用を投じて得たもの、あなたの汗と努力の賜物です)

どうしたら、コストをかけずに手間を減らせるか?

面倒な入力はクラウド活用でタイムリーに

クラウドの名刺入力サービスを活用する
スマホで名刺を撮影して送信すると、タイムリーにデータを登録してくれるサービスがあります。

(しかも入力までなら無料)

https://8card.net/ クラウドでの名刺管理サービスの例

さらに、月額約400円を払うと、登録済の名刺データをダウンロードできます。

(おまけに名刺データの登録待ち時間が短縮されます)

このサービスを活用し、名刺を受け取った度に、または毎日夜に名刺を撮影し、

送信しておけば、会期後、最初の営業日の朝には、メアド付きのリストが出来ています。
後は、全来場者向けの「ご来場御礼」一斉送信するだけです。

このやり方は、低コストかつ、あまり手間をかけずにということを主眼に組み立ててあります。
もし、予算を取れるなら、より楽な方法もあります。

次回は、信用調査について。
ブースで、好条件での取引提案があった。でも、ちょっと心配、というときのための対処方法についてです。

お楽しみに。

 

*****************************************

最後に

見本市出展は、大きなチャンスです。

チャンスを最大化するためには、準備が大事。

準備は、ギリギリまでできます。

 

何かのご参考にしていただければ幸いです。

 

本記事は見本市出展を通じて成果を得ようと準備中の事業者様を対象に発信しています。

 

ご質問、ご要望等ございましたら、こちらから。

お問い合せ

 

大久保優子のプロフィールはこちらから。

代表者について about

 

今後の配信をメルマガで受け取るにはこちらから。

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=you4youport

 

配信アドレスの変更はこちらから

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=you4youport

 

もし、今後の配信がご不要な方は、

お手数ですが、下記リンクから、配信解除してください。

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=you4youport

 

バックナンバーはこちらから。

http://yukookubo.you4you.biz/wpblog/category/trade-fair/

 

本メールが、お知り合いの方から転送された方で、

継続購読されたい方は、下記からご登録ください。

ワンクリックだけで、登録、解除できますので、安心してお試しください、

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=you4youport

 

今後の投稿予定******************************************************************************

  • あなたのブースは1分あたりおいくら?

事前準備編

  • VIP招待状を送るべき相手とは(バックナンバーをご覧ください)
  • 千客万来のブースと商談の進むブース(バックナンバーをご覧ください)
  • 販路拡大に備えて考えておくべきこと(価格)(バックナンバーをご覧ください)

会期中

  • ブーススタッフが足りない場合の対策
  • 受注確率を上げるための名刺整理法
  • 招かざるお客様
  • 商品提案(コラボ、メニュー提案、バイヤーへの情報提供等)

会期後

  • 簡単にできる信用調査の方法

 

******************************************************************************

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社 Office優 For YOU

関東財務局長・関東経済産業局長認定 経営革新等支援機関

経済産業大臣登録 中小企業診断士(登録番号408871)

代表取締役 大久保 優子(オオクボ ユウコ)

 

Top

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー