困った

┏□───────────────────────────□┓
大久保優子 公式メルマガ 特別編 3
タダより高いものはない

見本市での事
~困ったちゃんに困ったOrz… ~
┗□───────────────────────────□┛

__c0__様へ

突然ですが、合いたいお客様に会えていますか?

この問いは、ご商売をされている方なら

どなたでも一度は悩んだことがあるのではないでしょうか?

「お客様に恵まれて、本当に幸せです。」
多くの経営者様はそうおっしゃいます。

本当にその通りだと思います。
だからこそ、ご商売が続いているのだと思います。

ですが…
1年に一度や二度は、困ったちゃんに遭遇され、
「どうしたものか…。
でも強く出て、他に禍根を残すのは…だから我慢するしかないか…
でも、困った…」
と悩まれているのではないでしょうか?

わたくしもそうです。
今回は、見本市での困ったちゃん
についてのお話しです。

┏□───────────────────────────□┓
見本市で出会う
~困ったちゃん~
┗□───────────────────────────□┛

ご説明していなかったかもしれませんが
わたくしどもでは、はちみつ等食品を出展しています。

お味を知っていただくための貴重な機会ですので、
試食をご用意しています。

この試食が実に悩ましいのです。

やり方によっては、はからずも
困ったちゃんを吸い寄せてしまい、
本来の目的の、買付に来てくださった方への
応対時間を奪われてしまうことも…。

商品を探しに来られるバイヤー様達は、
本当にお忙しく、
こちらの手が空いていないのが
わかると、さっと隣のブースに進んでしまわれます。

後で戻ってきてくださる方は
まず、ほとんどいません。

プロは忙しいのです。

そして、ご自分から
「試食したい」、
「サンプルが必要」
とおっしゃる方は
本当に限られているように思います。
多分、お話しが長くなるのは困るんでしょうね。
こうした方は、ピンポイントでチエックして、
手短に質問をして、そして次のブースに進まれます。

ということで、
お声掛けいただけるときに、
こちらがいつでも
応対できるようにと
準備しておかなければならないのですが
試食をご提供していると
そちらに労力をとられ…。

なにか解決策はないかと、これまでに試したこと。
1.一見して、事業者さまでないとわかる方には、小さなお土産をお渡しする。
お土産を手にすると、滞留されることなく、立ち去って下さいます。ホッ…。

2.プチ結界を作る
背が高くて、エキセントリックな風貌の男性スタッフにブースの目立つ場所に立ってもらう。
ホテルのドアマンや高級ブティツクの入口に配置された白い手袋の男性には
2つの役目があります。1つ目は、お客様が入店しやすい様にドアを開けて差し上げること。
もう一つは、不審者等あまり歓迎できない方が入りにくいようにして、
お客様が快適に過ごせるようにする事。

これをモデリングしたのですが、あまり効果はありませんでした。
このメッセージを受信してくださったのは、プロの方で、逆効果 Orz…でした。

3.こちらからは決して声をかけない、試食も勧めない
思い切ってやってみましたが…。
このメッセージを受信してくださったのも、やはりプロの方、
そして、スーパーの試食と勘違いしたワイルドな方が声だけが声をかけてくださいます。泣

で、
でね、こういう方たちはある意味で自覚を以て、そうされているので、
こちらも対応のしようがあるのですが、もっと困ってしまう方がいます。

そして、最近増加傾向にあります。

それは…。
体力的にはとてもお元気なのですが、
ちょっとだけ挙動不審なご高齢者様なのです。

にこやかな表情や、たたずまいから、
まったく悪意が無いのはわかるのですが…。

べつの出会い方をしていたら、
喜んでお話しを聞いて差し上げたいのですが…。

ここは見本市。
出展費用、
出展しないで別の場所で営業していたとしたら上がる売上(機会費用)…。

頭の中で、毎分、お札がひらひら消えていく様子が…。

「あ”~~~、何とかしなければ…」

でも、悪意がないお年寄りに、
いったいどうやって、
この困惑をお伝えしたらいいの?

という訳で、
わたくし零細企業の社長は、
毎回見本市の期間中
悶々としていたのです。

この件ですが、
最近になって解決策を伝授していただきました。

今回は長くなりましたので、
続きは、次回に…。

=====================================================

小さな企業の受注獲得と利益アップを支援するメルマガ

「タダより高いものはない」の購読お申込みはこちらから
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=you4youport
バックナンバーはこちらから
http://you4you.biz/info/mail_magazine/

配信先アドレス変更、登録解除はこちらから
https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=you4youport

————————————————————————
■タダより高いものはない  発行人
株式会社Office優for YOU 大久保優子
E-MAIL info@you4you.biz
東京都北区赤羽1-19-7 葵ビル203

*本メルマガは、著作権法によって保護されています。
転送される場合は、必ず出所を明記の上、全文を転送して下さい。

大久保優子公式サイト:< http://www.you4you.biz/ >
————————————————————————
■記事中で言及している商品・サービスに関してのトラブル等に
ついて当方では一切責任を負いかねます。
ご自身の責任において意思決定して下さい。
=======================================================